マーケティング

才能がないから諦めた世界!だけど今ならそれでも成功できると断言する

  • Pocket

どうも、としです。

いきなりですが、

「成功するのに才能って必要だと思いますか?」

でっ、こんな発信をしている人の多くは、

「才能なんていらないんです!
必要なのは適切な努力です!」

なんてことを言う人がいます。

まぁ、この意見自体は僕も賛成ですが、やっぱり才能が必要な分野もあるよね、、と。

なので、

今回は僕が才能がないことを自覚して音楽という分野で成功することを諦めた話です。

でも正直音楽の分野であっても、今なら成功できると断言します。

それは何故なのか?

結論を言ってしまうと、

『才能がいらない分野のスキルを身につけたから』

全ての分野で成功できるとは思わないです。

だけど今はあることをすると、自分が本当に携わりたい分野で成果をあげることができます。

今回はその内容について、僕の体験談を話していこうと思っています。

3分くらいで終わるので、ぜひお付き合いいただければと思います^^

ギターに初めて触れた日

僕が初めてギターを手にしたのは中学校2年生冬でした。

なんでこんな時期にギターを手に入れたのかというと、

「特に意味はないw」

モテたいのか?

と言われても正直そんな願望もない。
(どうせイケメンに限る!だろと思っています)

なもんで高校に入ってギターをやっていて、一番困った質問が

「なんでギター始めたの?」

でした。

正直に答えると

「やりたいから」

こういった曲を弾きたいとか、
これをカッコよく弾いてこうなりたいとか、

そういったことは一切なく、
なんとなくギターというものを
やってみたかったんです。

でもだいたい聞いてくる人は、、

「どうせモテたかったんでしょ?

というスタンスなので、

「ギター弾けたら女子にモテモテじゃんw」

と言っていました。

とまぁ、そんな余談はどうでもいいとして、

中二まで話を戻すのですが、、

ギターって

『Fの壁』

なるものが存在するんですね。

人差し指で全部の弦を押さえるやつです。

ちなみにこんなの
↓↓↓↓↓

これが初心者の人にできる確率は限りなく0に近いです。

なのでギターを挫折する人のほとんどの人がこのFコードが弾けないという理由なんです。

ギターやっている人と話すことが多かったのですが、やはりみんなこのFの壁を突破するのが大変だったそうです。

でっ、例に漏れず僕もそのFの壁にぶち当たりました。

でも、、

ぶち当たったんですが、おかしいんですよ。

なにがおかしいのかというと、、

なんでそんなにスムーズにいくの?

ギターをやっているほとんどの人が、

『最初の壁』

としてFの壁の話をするわけです。

でも僕はFの壁は最初の壁じゃなかったんです。

僕はこのFの壁にぶち当たるまでに、2週間くらいかかりました。

Fの壁を突破するまでじゃなくて、Fの壁の前に到達するまでに2週間です。

その間何をやっていたかというと、、

チューニングに悩んでいました。

「チューニングってなんぞや?」っていうと、、

ギターって基本は弦が6本あるのですが、その1本1本音が違うわけです。

それが上から、

【ミラレソシミ】

って並んでいます。

当時はまずそれが意味不明です。

ちなみにミラレソシミと
EADGBEは同じなのですが、
意味わからないですよね。

教本に書いてあるんですよ。

「ギターのチューニングは6弦(上)からEADGBEとなっています」

って。

覚え方としては、

E:い
A:え
D:で
G:じーさんと
B:ばーさんが
E:いーことしている

だそうです。

うむ!

うむじゃねぇぇぇぇぇ!

マジで意味わからんのですよ。

当時はパソコンやスマホなんてものはなくて、どうやっていいのか全くわかりませんでした。

もしかしたらギターやっていて、

えっ、チューニングくらいできるでしょ、、

となった人もいるかもです。

僕には才能が皆無だった

僕の周りにはチューニングに迷った人間は誰一人としていませんでした。

チューニングができるかどうかって、才能じゃないみたいです。

みんな感覚的に

「えっ、さすがにそれはわかるでしょ」

といった感じだったそうです。

でも僕にとってはそれができなかったんです。

そのくらい僕には音楽の才能が皆無でした。

そんな僕がですよ、、

何を血迷ったのか、一度音楽の世界に飛び込んだんですね。

ギターで俺は食っていくんだ!

と思って高校卒業して、東京に一人で出てきました。

冗談まじりに書いていますが、本気でした。

本気で、

『日本武道館に俺は立つ!』

と思って行きました。

中途半端にすらなかったから

結果どうなったかというと、

半年で地元に戻りました。

才能の一言で片付けてはいけないのかもしれないです。

でも僕には一際才能がありませんでした。

ある意味ダントツで才能がなかったので、諦めることがすぐにできました。

なんて言っていますが、正直受け入れるの超つらかったです。

高校生の時にバンドを組んでいて、

それなりにギターが弾けるようになって、

「あれ?俺って結構いけてるんじゃね?」

とか思ってしまっていたんです。

だけどそれは井の中の蛙でした。

一歩外に出ると自分って超ちっぽけでした。

もちろんそこで「俺はやってやる!」となる人もいます。

でも僕はそれすらも起きなかったんですね。

「あっ、、、自分ってこんなにできないんだ」

となって逃げてきました。

逃げてもいいじゃない

自分のことを擁護するわけじゃないけど、誰でも少なからずどこかで挫折したことあると思うんですね。

僕はこれって別に悪いことじゃないと思っています。

『あぁ、できることって限られているんだな』

適材適所じゃないけど、やっぱり一人の人間ができることって限られているんです。

もちろん夢をもったりとか、

俺はこうなってやるんだ!

って考えるのって、すごく僕はいいと思います。

思うのですが、

できないことも中にはあるから
できなかった時に凹む必要ない

というのは僕は伝えたいんですよね。

僕は逃げてきてばかりの人生でした。

中学で学校から逃げて不登校

高校卒業後は音楽から逃げる

社会人でも会社から逃げる

でもそうやって逃げてきても、今は人生すごく楽しく過ごすことができています。

才能がなくても報われる方法がある

ちょっと綺麗事のように聞こえるかもですが、そのためにはちゃんと学ぶべきことはあります。

それがなんなのかっていうと、こういったビジネス関係なんですね。

もっというと、

『マーケティング』

とかいう分野です。

どういうことかというと、

例えば、

僕自身音楽の才能は皆無でした。

俺はギタリストで日本武道館を満員にするんだ!!!

ということを達成するのは、可能性が0ではないと思います。

でも限りなく0に近い人間でした。

だけどですよ。

今ギターをやって食べていくことは、やろうと思えばできるんですね。

これがどうしてかというと、、

組み合わせで人生変わる

ギターは素人に毛が生えた程度です。

だけど僕はマーケティングについては、かなり勉強しています。

そしてそこを組み合わせると今って価値が生まれるんです。

でっ、ビジネスって僕はやっぱり価値の交換だと感じています。

価値ってなんだっていうと、僕の中では、

・人(労働力)
・モノ
・金
・情報

この4つだと思っているんですね。

これがどう繋がっていくのかというと、、

素人に毛が生えたギタリストの価値

なんで素人に毛がちょぼちょぼ生えたギタリストに価値が生まれるかっていうと、、

僕がギターを最初に手にした話をしたじゃないですか。

チューニングができない!!!

価値っていうのは、悩みがあってその悩みを解決するというのが前提なんですね。

ということは、

ここにもしチューニングのやり方を丁寧に解説している動画があれば、そこに価値が生まれるわけじゃないですか。

これは4つの価値の中の情報ですね。

でっ、そうしたらそこからもしかしたら、

あっ、こんなに丁寧に教えてくれるんだ!

↓↓↓

というかこの人ギター教室なんてやってるんだ!

↓↓↓

う〜ん、ギター上手くなりたいけど
うますぎる人のところに行くのは怖いな、、

↓↓↓

ちょっとこの人のところに相談してみようかな!

となって、オンラインのギター教室とかを運営することもできるかもしれないわけです。

ギターの才能はないけど、

一つのものではなくて、
組み合わせることで
新しい需要を生み出すことができるんですね。

よくないけどいい時代

ギターのチューニングがわからなければ、
youtubeで調べればいくらでも出てくるし、

教えてもらいと思えば、相談できる場所もある。

好きなことをやって生きる!

って夢のような話です。

でもこれが高確率で叶えられるようになった今って、僕はいい時代だなと思います。

もちろんそのために重要な知識があります。

それがマーケティングといったビジネスの本質の部分の知識です。

でもそういった情報もガンガン手に入れることができます。

頑張った人間が報われることができるようになったなと思います。

僕には才能がありませんでした。

なので1つの世界だけのスキルで生きることをすぐに諦めました。

あまりいい言葉じゃないかもだけど、

いい意味で

「身の程を知りました」

自分には全部できると思わないけど、自分のことを必要と思ってくれる人がいる。

じゃあその人だけにでも発信できればOKでしょと、、

いろいろ話してしまったので最後に今回の話をまとめると

・才能が重要な世界も確かにある

・だけどその中でもマーケティングなどを組み合わせることで自分がやりたいことに価値が生まれる

・それができるのがネットが発達したから

という感じでした。

経済的には、正直いいとは言えないのが今の日本です。

だけどその中でもしっかり知識をつけていけば、人生めっちゃ楽しくなります。

僕は人生楽しく過ごしたいです!

なので本気で勉強するし、本気で遊んでいきます!

  • Pocket

1動画が僕の収入を250万にした物語

今、僕は月収が7桁を切ることはありません。

そんなこと言っている僕ですが、4年目までは月収100万円を継続して稼ぎ続けるのは、正直僕にとって夢のような話でした。

しかし現実には100万どころか月によっては、200万以上利益が出ることも少なくありません。

僕がなぜたった1年でそこまで変わることができたのか、、

それは1つの動画がきっかけでした…。

その動画との出会いを漫画にしました。

面白いと評判なので、読んでもらえると嬉しいです。

漫画を読む


●最新:記事一覧

トップページ


●カテゴリー別:記事一覧

一覧ページ

コメントを残す

*