ライティング

【ブログのネタがなくて困っている人へ】書けないを5分で解決する知識

  • Pocket


どうも、としです。

今回は、

・ブログで何を書けばいいかわからない、、

・ネタが見つからない人

に向けて、その悩みを5分で解決する知識を話していこうと思っています。

簡単にいってしまえば、

「ネタがザクザク出てくるぜ!いえーい!」

状態になってしまおうという内容です。

  • ブログ
  • Twitter
  • youtube

こういったところで情報発信をしていて

「うわ、、今日は何書けばいいいんだ、、」

と悩んだ経験ないですか?

僕は超あります。

僕は発信を始めてから結構長いのですが、

昔は、

ブログは毎日更新しなければいけないんだ!!

と思っていました。

正直その時には、

ネタは思いつかないし、
毎日更新するのもしんどい、、

えっ?なにこれ?
ブログってこんなにしんどいの?

と思っていたんですね。

だけど今はネタに困ることって皆無です。

むしろ「今日はどのネタ書こうかな、、」とありすぎて迷ってしまうくらいです。

多分今回の内容を当時の僕が聞いたら

『自分には、その考えが足りなかったのか!』

と衝撃受けたと思います。

なので今、以前の僕のようにネタ探しに困っている人は、ぜひ今回の話を参考にしもらえればと思います。

結論:誰に?が決まっていない

じゃあそれがなんなのかというと、、

最初に結論を話してしまうのですが、

『今って発信をする時に誰に発信していますか?』

この問いにリアルタイムで答えられますか?

「何を?」発信するのかって、もちろんすごく重要です。

だけど、まず考えるべきなのって、

『誰に?』

の部分なんですよね。

どういうことかっていうと、、

例えば、

目の前に100人お客さんがいます。

そこに講師の先生としてあなたは呼ばれました。

では話してください!!

・・・・・

・・・

こんなの、無理です。

でも『誰に』発信するかをリアルタイムで答えられない状態って、まさにこれと同じことをやっているんですね。

そこにいる人が、

太っている人かもしれない、

綺麗な女性かもしれない、

杖をついたおじいちゃんかもしれない、

はたまた子育てに疲れた奥さんかもしれない、

この人たちに同じ内容のことを話して、楽しんでもらえますか?

100%無理とは言わないですが、限りなく厳しいじゃないですか。


●島田紳助さんのお笑いの話

ちょっと余談なんですが、

これってお笑いの世界でも同じなんですね。

お笑いでもターゲットを決めて、その人たちに向けて笑いをとりにいくわけです。

でっ、実はこれって最初からやられていたことではなくて島田紳助さんが初めてやったことなんです。

「俺らのお笑いは30〜40代の男性サラリーマンから笑いを取るためにあるんや!」

ってな感じで、自分たちのターゲットを決めてやり始めたのが島田紳介さんです。

ただ一つ注意があって、、

それが自分のターゲットとなる人以外が反応したら、それはそれで間違っているということです。

どういうことかというと、、

自分は30代男性のサラリーマンから笑いを取りたい。

だけどよくわからないけど、ギャグをやったら20代女性から「キャー!キャー!」言われてしまった。

でっ、このギャグやった人物はイケメンだったと。

この状態って正しいですか?

僕個人の意見としては、これは正しくないです。

むしろこういう人たちって自分にとって悪だと思うくらいの心構えが重要だと思っています。

だってそれって自分の言いたいことが届いているわけじゃないから、、

反応してくれるのは、すごく有難いんです。

だけどそれはギャグが面白いとか面白くないとかじゃなくて、単純にイケメンだから人気がある。

こういった実力が伴わないことって絶対に続かないです。

なので「なぜその成果がでているのか?」を自分で理解できたいない状態って、成果が出ていてもむしろ僕は悪だと感じます。

と、、少し余談でした。


『誰に』という部分に話を戻しますね。

この『誰に』を明確にしまくることが、ネタ探しから解放される唯一の方法です。

ネタがないから解放される唯一の方法

だけど、、

自分はターゲット決めてるけど、
それでもネタが思い浮かばないんじゃ!!!

なんて意見がありそうですね。

というか、おそらくこの話だけで終わりなら、

これを以前の僕が聞いたら

「いや、ターゲットくらい決めてるよ!」

とツッコミを入れます。

だってこの『誰に』を一切なにも考えずに発信している人なんていないです。

でもネタが見つからない、、

じゃあこれの原因がなんだっていうと、、

こちらは、ある男が保険の相談のアフィリエイトをやった時の話です。


男:いや、俺ターゲット決めているけど!

僕:じゃあどういう人がターゲットか教えて。

男:保険の相談をしたい人だよ!!

僕:う、うん。でっ、その人たちに何を伝えているの?

男:どんな保険があるか知りたいだろうから、保険の知識を伝えているけど、一つも成果でないぞ!しかも、もう書くことないじゃないか!誰にを考えたって意味ないよ!


突っ込みどころ満載ですね。

ちなみにお気づきかもですが、この男というのは僕です。

昔アフィリエイトをやっていて1年で34円しか稼げなかった時です。

そりゃ「こんなんじゃ稼げないよ」と今ならわかりますね^^;

最初にざっと突っ込んでしまうと、、

・そもそも保険の相談したい人なんてほとんどいない

・いたとしても保険の知識を入れたいわけじゃない

・保険の相談といっても色々な人がいる

・保険自体もたくさんある

とりあえずざっとこのくらいでいいですね。

もう少し細かくみていきますね。

そもそもそんな人いない

まずはここ。

『保険の相談したい人』

声を大にして言いたい。

それ、誰や?

そもそも保険の相談を今すぐしたい人が世の中にどれだけいるかって話なんです。

さらに言えば保険と言っても、色々な種類があるわけですよね。

医療保険なのか、がん保険なのか、生命保険なのか、学資保険なのか〜〜〜〜〜

みたいに。

それによっても年齢も変わってくれば、性別も変わってくる。

保険の場合には、収入なんかも重要かもですね。

実例:保険ならこんな感じ

じゃあこんな感じの人であればどうですか?

20代後半で結婚をしていて、来月子供が生まれる予定の旦那さん。

収入は年収500万ほどで、生活には困らないが趣味が多くて貯金はない。

今のところ生活が苦しいわけではないので、保険のことは考えていない。

こういった人に保険の相談を促したい。

これだったらかなり色々なこと話せるじゃないですか。

例えば、、

来月子供が生まれる旦那さんって、何が心配なんだろう?

じゃあその心配事を調べて解決してあげよう。

そこからお金の話に繋げれば、学資保険いけるかな?

とか

結婚していて趣味が多い男性って、どんなこと調べているかな?

もしかしたらSNSとかやっている人はいるか?

SNS媒体で貯金について発信して、その上で病気のリスクを伝えよう。

そうすれば医療保険の話が伝えられるかな。

みたいな感じで『誰に』を明確にすればするほど、その人のことを想像して書くことが決まってくるんです。

知識最強説

でっ、ここで重要なのが、

『「誰に」を知った上でその分野の知識を入れること』

保険であれば、

・どんな保険があるか

・その保険に入るための条件

・病気のリスク

Etc.

こういった知識が前提としてなければ提案はできないです。

できないんだけど、ここで大切なのが先に『誰に』を明確にしておくことなんです。

『誰に』がわからない状態でいれた知識って、正直使えないです。

『誰に』をいれた状態だからこそ、入れた知識が自分の発信に活きてくるんですね。

インプットとアウトプット

発信をやるのであれば、インプットって僕は必須だと思っています。

もちろん元々自分の得意分野ならいいですが、それだけでは発信って終わらないですよね。

だからインプットをするのですが、、

このインプットもただただやるだけではダメで、

『誰に』をわかった上でやるからこそ意味のあるものになるんですね。

どういうことかっていうと、、

「とりあえずダイエットの知識を入れてみた!
よし、それを発信してみよう!」

なんて感じでは、
まさに今回の最初に書いた

「なにを書けばいいかわからない」

状態になります。

そうではなくて『誰に』を考えた上でインプットをする。

『誰に』を考えたインプット

例として、

・30歳の男性

・最近太ってきている

・毎日仕事は座り作業

・ほとんど運動をしていない

この人に向けてダイエットの発信をしたい。

こうなって、インプットをするからこそ

「あっ、座りながらでも運動強度を上げる方法なんてあるのか!

これは自分のターゲットに伝えられるぞ!」

となってアウトプットまで繋がるわけです。

だって仮に太っている人でも、

営業で外に出回っている人で、食生活が問題で太ってしまっている人

この人には、座りながら運動強度を上げる方法なんて意味のない発信なわけです。

同じ内容をインプットしたとしても、それをネタとして使えなければ意味ないですよね。

ネタがないのは「誰に」がわかっていなかったから

本来ネタなんてものは、いくらでもあるんです。

だけど事実として、

・今ネタ探しに困っていたり

・何書けばいいのかわからない

といった状態の人がいる。

これの原因はただ1つで、、

『誰に?』を明確にしていない状態で、開始してしまったからなんですね。

だって誰に発信するかがわかっていれば、入れた情報が全てがネタになるんです。

「あっ、この部分は自分のターゲットのここに繋がる話だな」

といくらでもネタがザクザク出てきます。

こんなのネタに困るなんてことないじゃないですか。

だけど『誰に』を中途半端に考えていると、、

「インプットしたはいいけど、結局これってどこに使えるの?」

なんてことになります。

そして昔の僕のようにネタ探しに困って、ブログの更新がすごく憂鬱になります。

こうなると悲惨で、、

「ネタがない、、探さなきゃ」

と無駄に時間を使ってしまいます。

この時間って本当にもったいないと思います。

せっかく発信をやるなら、僕は楽しくやってほしいです。

なので僕のようにならないように、この『誰に』の知識だけは入れて欲しくて、今回かなり熱く語らせてもらいました。

ぜひ参考にしてくださいね。

まとめ

かなり色々話してしまったので、最後に今回の内容をまとめておきますね。

「ネタが見つからない」は『誰に』発信するかが明確になっていないから

『誰に』は具体的であれば具体的であるほどいい

『誰に』がわかった上でインプットをするからこそ、ネタがガンガン量産される

こんな感じの話でした。

ネタがなくてパソコンの前に座っている時間って、個人的にめちゃくちゃしんどいです、、

無情にも時間だけが過ぎ去っていく、、。

だからそうならないためにも、まずは『誰に?』というのを5分でいいので徹底的に考えてみてくださいね。

この内容については、動画でも話をしています。

動画内でも事例を上げつつ話をしているので、ぜひこちらも参考にしてくださいね。

ではでは、としでした^^

  • Pocket

1動画が僕の収入を250万にした物語

今、僕は月収が7桁を切ることはありません。

そんなこと言っている僕ですが、4年目までは月収100万円を継続して稼ぎ続けるのは、正直僕にとって夢のような話でした。

しかし現実には100万どころか月によっては、200万以上利益が出ることも少なくありません。

僕がなぜたった1年でそこまで変わることができたのか、、

それは1つの動画がきっかけでした…。

その動画との出会いを漫画にしました。

面白いと評判なので、読んでもらえると嬉しいです。

漫画を読む


●最新:記事一覧

トップページ


●カテゴリー別:記事一覧

一覧ページ

コメントを残す

*