マインド

自己啓発はむしろ挫折につながる…「俺は成功できる!」では失敗する

  • Pocket

●こんな人に読んで欲しい

・俺は成功できるんだ!と自分に負荷をかけすぎている人


●こんな記事

・僕自身は自己啓発本にすがっていた時期があった
・成功するためというよりも成功できない自分から目を背けていた
・だけどそれはむしろ成功を遠ざけているものだった

・成功するためには自己啓発よりも〇〇が必要

どうも、としです。

以前の僕は自己啓発の本を読むのが好きでした。

いや、、自己啓発本にすがっていたんだと思います。

自己啓発本を読むことで一時的にでも自分が成功者のような感覚になりたかったんだと思います。

「自分はついてる!」

と言い続けることでどんどん運がよくなります!

なんて書いてあった本を読んで実際にやっていたことがあります。

『自分ができると信じよう!』

という話を聞いて、、

「俺は絶対に成功できる!!」

なんて紙に書いて毎日声に出していました。

でも今ならはっきり言えます。

無駄です。

自己啓発本を読んでやる気を出すのって確かに一時的なモチベアップにはつながるかもです。

でもそれって実は負荷をかけすぎていて、、

むしろ挫折する可能性があったりするんです。

実際に僕は『俺はできる!』なんて言葉には出しつつも、

『本当にこれでいいのか、、』

と不安に押し潰されそうでした。

なので今回は、、

  • いらない自己啓発の話
  • 成功するために必要な〇〇

という話をしていきたいと思います。

僕は弱い人間です

僕は病気になって逃げるように、会社を退職してビジネスの世界にきました。

なので正直な話、精神的にかなり弱い人間です。

と、、こんなことを僕のことを知っている人にいうと、、

「えっ?としさんが?」

と冗談でしょ?という顔をされます。

社会人までの僕は超内気だったんですよ。

会社ではなかなか自分の思っていることを言えない。

仕事をしているところを見られると緊張してうまくできない。

そんな人間でした。

でっ、起業してからも落ち込むことが結構多かったです。

世の中にはすぐに成果を上げてしまう人がいます。

だけど僕は実際に成果を出すまでにかなりの時間がかかりました。

「私は1ヶ月で100万円の仕組みを構築しました!」

みたいにドヤりたい。

でも能力もない、精神的にも弱い、、

そんな僕はなかなか成果を上げることができませんでした。

出会った自己啓発本

だからなのかもしれないですが、、

他の方が成功した本、、

いわゆる自己啓発本というのを結構読みあさっては

「俺もこうなるんだ!!」

となっていました。

成功するためには目標を立てなければいけないんだな!

そう考えて

『自分は〇〇までに〇〇万円稼げる人間になる!』

なんて紙に書いて毎日声に出す。

だけど当たり前だけどなかなか達成できない。

そりゃそうですよね。

何か今までビジネスをやっていたなら別です。

僕の場合にはもともとが医療系で働いていました。

なので医療の知識はそこそこありました。

だけどそれしかないです。

  • ブログの作り方は知らない
  • サーバーなんてものも知らない
  • どうやったら収益が出るかも知らない

全く何も知らない状態です。

そこから成果を出すには、やっぱり1つずつ壁を超えていかないといけないわけです。

でも超えられない、、

そんなことを続けていると心が折れそうになります。

でっ、そんな時に自己啓発本を読んで

「俺はできるんだ!もっとできる!頑張れ!」

なんて自分を鼓舞していました。

どんどんどんどん負荷をかけていました。

だけど失敗し続けた

綺麗事抜きにして

こんな状態で成功なんてできないです。

だってですよ、、

『自分はできる!』

なんて考えている時ってどういう時だと思いますか?

一つわかることとしては

『何かの壁につまずいている時』

まぁ、できていない時なわけです。

でっ、そういった壁を超えるには自分が成長するしかないわけです。

だけど自己啓発本ばかり読んでいた僕がやっていたのは

『俺はできる!』

という自分を励ますだけ、、

何一つ成長していないわけです。

それこそ今壁にぶつかっているなら、

本を読むでも、動画を見まくるでも、、

何か今の自分が知らないことを知っていく必要があるわけです。

でもやっていたのは

『俺はできると声に出すことだけ』

正直今考えるとわかるのですが、これは励ましじゃなくてむしろマイナスだったんだなと感じます。

だってできると思えば思うほど、しんどくなり手が止まったりしてしまったんです。

割れやすいグラスに水を注ぐ

そりゃそうです。

努力をして成果を出すっていうのはイメージですが、

『割れやすいグラスに水を注ぐ』

イメージです。

どういうことかというと、、

割れやすいグラスがそこにあるわけです。

でっ、これが今自分がやっていることです。

そしてそこに知識や経験、行動なんていう水を少しずつ注いでいく。

そのグラスに注いでいった水がグラスからこぼれた時に、それが成果として現れるんですね。

じゃあ、、

『俺はできる!!』

って自分を鼓舞することってどういうことだと思いますか?

この割れやすいグラスを叩きつけているようなものです。

いくら頑張って、あとちょっとで成果が出る!!

という状態であってグラスを割ってしまったら、水はあふれてこないんです。

自己啓発ってそういうことをやっているんですよ。

もちろん中には超精神が強くて、自分に負荷をかければかけるだけ伸びる人もいます。

でも僕は違ったんですよ。

違ったのにもかかわらずに一部のすごい人の真似をしてしまったんです。

そしてつらくなってしまい手が止まる。

やる気がないわけでもないし、本当は行動したい。

でも行動できない、、

当時は「なんでこんなに頑張ろうと思っているのにできないんだ、、」と悩みました。

でも今ならそれが当たり前だと感じます。

負荷をかけずにやる方法

人間って負荷に強いわけではないんです。

というか、むしろ僕なんかは超弱い人間です。

おそらくそれは今も変わらないんですね。

だけど今は行動できなくなるというのはほとんどないです。

これってグラスを割らずに行動するための知識を身につけたからなんですね。

この知識というのが最初の話した

『成功するために必要な〇〇』

になります。

じゃあその〇〇が何なのかというと、、

『習慣化』

というものなんですね。

習慣化の力ってえげつないです。

もしかしたら「そんなことなの?」って思うかもです。

だけど僕はこの習慣化というものを知ってからは、行動が劇的に変化しました。

そりゃ当たり前なんです。

だって人間の行動のうち意識的に行動している時間ってどのくらいだと思いますか?

あっても20%くらいです。

ということは、残りの80%以上は意識的な行動じゃないということです。

じゃあどういう行動かというと、、

睡眠もそうですが、、

それ以外は『習慣化された行動』というわけですね。

習慣化の力で行動する

朝起きて顔を洗って歯を磨く。

そして仕事部屋に行って運動をして、今日の予定を確認する。

そうしたら順番に今日の仕事を午前中に終わらせる。

これって僕は毎朝当たり前にやっていることです。

でも最初からできたわけではないです。

むしろこういった行動ができないから僕は最初は成功できていませんでした。

当たり前ですが、行動しなきゃ成果はでないです。

だいたい僕は毎日何かしらの発信をしています。

ブログを書いたり、

youtubeの動画を撮影したり、

読者さん限定のコンテンツを作ったり、

企画用のコンテンツを作ったり、、

こうやって何かしらのことをやっています。

もちろん毎日やらなきゃ成果が出ないわけじゃないです。

適切な形で適切な発信をすれば正直毎日更新なんて必要ないです。

必要ないけど0ではダメです。

一定数のコンテンツを作ったりはしないといけないわけです。

でっ、そういったものを作るのって結構しんどいです。

例えばこの記事であれば今ここで大体3000文字くらいなんですね。

おそらく3000文字の記事を書くのってしんどいと思います。

でっ、こういったことを毎日やっているんですね。

僕自身はブログの書き方がわかっているので書くことがないということはないですが、それでもやはり負荷がかかります。

毎日となるとしんどいです。

なんでそんなしんどいことを続けられているかというと、、

『習慣化している』

からなんです。

朝起きて顔を洗う。

それと同じレベルなんです。

コンテンツ作るのが当たり前なんです。

だから続けることができているわけです。

どうやって習慣化する?

習慣化の大切さはわかった、、

でも結局どうやったら習慣化できるの?

という疑問が出てきますよね。

なので最後に習慣化をどうやったらできるのかを簡単にまとめていきますね。

そのために重要なのは2つです。

  • 成果ではなく成長を記録する
  • 挫折する時がどんな時かを知る

1つずつ解説しますね。

成果ではなく成長で記録する

例えばダイエットなんかがわかりやすいんですが、、

ダイエットの成果って何ですか?

『体重の減少』

なわけです。

でも体重の減少って、そんなに毎日起こることじゃないじゃないですか。

最初はグッと落ちて停滞期があって、、

みたいになるわけです。

でっ、成果で記録をしていくと、、

この停滞期の時に

「あぁ、こんなに頑張っているのに、、」

と嫌になってしまうんですね。

だけどこれを成果ではなく成長、、

ダイエットなら

  • 今日は食事を野菜中心にして1300カロリーに抑えられるようになったとか
  • 運動で3km走れるようになったとか
  • 筋トレで腕立てを50回できるようになった

そうやって成果ではなく自分がどのくらいできるようになったのか、、

成長の部分を記録していくのがいいんですね。

これに関しては、実際に成長しているかどうかではなくて、

『自分が成長していると思い込めればいい』

ここが重要なんですね。

これが実は挫折をしないためにも大切なんです。

どんな時に挫折をするかを知る

というのも習慣化をやめてしまうのって

『自己嫌悪に陥った時』

なんです。

たった1日や2日で習慣化ってなくなるわけがないんです。

だけど実際に1日やらなかったばかりに習慣がなくなることがあります。

これはできなかったことによって、、

『あぁ、せっかく続けていたのに何でできなかったんだろう。俺はダメだな、、』

と自己嫌悪に陥ってしまうのが原因なんですね。

じゃあ自己嫌悪に陥らないにはどうすればいいのかというと、、

『できなかった→できた』

これを成長と捉えてしまえばいいわけです。

どういうことかというと、、

ダイエットで言えば、、

頑張って食事制限をしていたけど、お昼にチョコレートを食べてしまった、、

これで「あぁ、食べてしまった」ってなったら終わりです。

だけどここから『できた』に変えるために、

  • 運動をする
  • 夜の量を減らす

みたいなことをやることで、、

昼は食べてしまったけど、その分いつもより夜を頑張ることができた!

なんて感じでリカバリーしたことを成長として記録するわけです。

こうすることで自己嫌悪にも陥らないし、成長も感じることができるので習慣にすることができるんです。

たった2つですが、本当にこれだけでも続きます。

僕も以前は3日坊主どころか、2日も続かないことがざらにありました。

だけどこの知識を得てからは、自分にとっていい習慣がどんどん身につけられるようになりました。

最後に

習慣化を身につけると本気で人生が変わります。

例えばビジネスって成果が出ない場合の理由って

「続けていない」

ことがほとんどです。

だけどそれは当たり前でしんどいんですよ、、

毎日ブログを更新するとか、youtubeをアップするとか、、

しんどいんです。

でも成功するためには必要なことだからと自分を鼓舞して頑張る。

でもそれこそがグラスを割る行為で挫折する。

僕は毎回こういった流れでした。

でもここで習慣化の方法身につけてしまえば、鼓舞する必要がないんです。

これをやろう!

そう決めたならば意識せずに、それを続けることができるんです。

もちろん習慣化するまでの間は意識的にやる必要はあります。

だけどこういったことを知っているのと知らないのでは全く結果が違うんですね。

僕は最初は知らずに挫折しました。

だけどこの習慣化という知識や方法を身につけてからは、やろうと思ったことをなげだすことがほとんどなくなりました。

でっ、当たり前ですが成果も一気にのびました。

なのでもし今『俺はできる!』と自分に喝を入れている方は一度立ち止まって欲しいです。

立ち止まって喝を入れるのではなくて、習慣化できないかを考えてみてください。

それだけでも本当に楽に成果に近づくことができます。

僕はこの知識に救われたので、この記事を読んでいる人が同じように

「あぁ、習慣化を覚えてよかった」

と思ってくれたら嬉しいです。

PS.

僕はちゃんと続けてさえいればビジネスは成功すると断言します。

だけどこの『ちゃんと』というのをするためには絶対に入れなければいけない知識があります。

もしこれからブログをやろうとか発信をしようと考えている人は、その知識を入れて欲しいと思っています。

発信をするための知識をまとめたセミナーをこちらから配布中です。

ブログ原理原則セミナーの案内

せっかく習慣化しても、それが無駄な作業だったらしんどいです。

努力するならちゃんと報われるべきだと僕は思うので、まずは適切な知識を入れてくださいね。

  • Pocket

1動画が僕の収入を250万にした物語

今、僕は月収が7桁を切ることはありません。

そんなこと言っている僕ですが、4年目までは月収100万円を継続して稼ぎ続けるのは、正直僕にとって夢のような話でした。

しかし現実には100万どころか月によっては、200万以上利益が出ることも少なくありません。

僕がなぜたった1年でそこまで変わることができたのか、、

それは1つの動画がきっかけでした…。

その動画との出会いを漫画にしました。

面白いと評判なので、読んでもらえると嬉しいです。

漫画を読む


●最新:記事一覧

トップページ


●カテゴリー別:記事一覧

一覧ページ

コメントを残す

*