ビジネス

成功したいのに何をやればいいかわからなかった経験談

  • Pocket

●こんな人に読んで欲しい

・成功したいけど何をすればいいのかわからない人


●こんな記事

・何をやっていいか分からないのは〇〇が足りない

・〇〇がなく成功できなかった経験談

どうも、としです。

今回は

『成功したいのに何をやればいいかわからなかった経験談』

ということで

「何かをやりたい、、でも何をすればいいか分からない」

という状況から脱却した僕の経験を話したいと思います。

足りないのは〇〇

ということで、、

いきなりですが、僕が足りなかった〇〇がなんなのかというと、、

『知識』

という部分です。

なんかありきたりですかね^^;

でも僕はこの知識という部分が足りないばかりに、行動したくてもできなくて自己嫌悪に陥ってしまいました。

そうならないためにも是非今回の話を参考にしてくださいね。

発信をやろうと考えた

このブログ自体は現段階では記事数はそこまで多くないのですが、僕は別媒体でも発信をやっています。

おそらく今までの発信を全部合わせると1000コンテンツくらい作っているんですね。

こうやって今では当たり前にコンテンツを作っている僕ですが、最初からできたかというと全くそんなことはないです、、

というか最初の頃なんて1記事書くのに数時間どころか数日、、

下手したら1週間かかってもコンテンツができないなんてこともざらにありました。

でっ、これなんですが、

今考えると当たり前だよねとしか思わないです。

だってやりたいと思っているだけで、それに対しての知識が全くないんです。

でもこの状態って本当にしんどいです、、

「よし、明日は絶対に頑張るぞ!!」

と思う。

でもいざ次の日になってみると手が動かない、、

「なんて自分は情けないんだ、、」

ど自己嫌悪に陥ることが多々ありました。

でっ、最終的にはそんな思いになるのも嫌でやろうという気持ちすらなくなってしまうんです。

これってどう思います。

「意思が弱いな」って思います?

僕は昔自分のことを意思が弱いって思っていました。

・意志が弱いから自分はブログを書けないんだ

・強い意志を持ってやらないと成功できないんだ

そんなふうに考えていました。

意志ではなく知識

でもそれって今考えると違うよなーって思います。

僕がブログなどのコンテンツを作れないのは意志がないのではなく、知識がなかったんです。

だって僕はブログをやろうと思っているのに、ブログについて何も知らなかったんです。

何も知らないのにもかかわらず、頑張ってやろうとする。

サッカーって何かを知らないのに、

「俺はプロサッカー選手になるんだ!」

って考えたとしても、

「でっ、プロサッカー選手って何やればなれるの?」

ってなるじゃないですか。

それと一緒なんですよ。

プロサッカー選手になるために、

  • サッカーに必要な技術を身につける
  • ルールをしっかり覚える
  • 自分がどのポジションになりたいかを決める
  • その上でポジションごとの動きを知る

なんて知識があるからこそ、ドリブルの練習したりシュート練習をしたりできるわけじゃないですか。

これって当たり前のことなわけです。

「サッカーやりたい!」って思っているのにバット持って

「俺はサッカーでホームラン王になる!」なんていう人はいないです。

でもブログだとなぜかこういう状況になってしまう人が多いです。

というかまさに僕がそうでした、、

ブログのことが何も分からない、、

だけど「俺はブログで利益を上げるんだ!」なんて思っていたわけです。

ブログの知識

例えばブログを適切に書くためには3つのコンテンツというのをしっかり知らないといけないんですね。

この3つのコンテンツを知らない状態でブログ書き始めてしまうと、もし書き始めることができても、どこかで手がとまります。

「あれ、、これって結局何を書けばいいんだ、、」

となるのが当たり前です。

でも僕は知らないまま書いていました。

だから時間かかるんですよ、、

でもそれを知ると結構すんなりかけます。

例えばこの記事ってここまで書くのに10分もかかっていないです。

それは理由があって3つのコンテンツを意識して

「今自分はこれを書いている。
だからこれを伝える必要があるな」

というのが明確になっているからなんですね。

さらに言えば、書き始める前の段階もそうです。

これはこの記事で話している内容ですが、

ブログのネタに困っている人へ〜書けないを5分で解決する〜

ブログって何を書くか考えてはいけないんですね。

とまで言うとちょっと語弊がありますね、、

厳密には『何を』書くのかを決める前に『誰に』書くかを決めなければいけないんです。

だって目の前にいる人になんでもいいので話してくださいって言われたら難しくないですか?

だけど、、

「目の前にいる人はLineの登録方法に悩んでいるので説明してあげてください」

なんて言われたら何を説明しますか?

こんなの簡単ですよね。

「apple storeからアプリをダウンロードして〜〜うんぬん」

みたいに説明してあげるじゃないですか。

ブログが書けないっていうのは、こういう知識が全くないからなんです。

最低限知識をつける

もちろん「ブログっていいみたいだな」っていう情報を得る。

その情報を得て実際にすぐに行動にうつす。

こういったスピード感もすごく大切だと思います。

だけど基礎的な知識を入れることって僕は最重要だと思っています。

だってそうじゃないと続かないですよ。

でっ、続かないと成果は出ないし自己嫌悪にも陥るしでマジで最悪です。

でもちゃんと適切な知識を手に入れておけば、そういったことも解消できるんです。

なのでもし今

「成功したい!けど何をやればいいかわからない」

という悩みを持っている人は知識をつけることが先決なんですね。

知識の入れ方

じゃあその知識をどうやっていれるのかというと、、

僕の場合にはある程度カテゴリーを絞って1日情報を得ました。

例えば副業をしたいのであれば、

google検索で「副業 やり方」なんて検索をしてかたっぱしから読みまくりました。

でっ、そうすると面白いことにタイトルや見出しをみると

「こういうこと話すんでしょ」

なんてわかるようになるんですね。

大変なようですが、これって1日でです。

すごく難しいことは別ですが、たいていのことは1日本気でやればなんとなくわかるという領域まで僕はいけると思っています。

もちろんそこから突き詰めるためには時間は必要です。

でもその時点ってもう何をやればいいか分からない状態じゃないんですよ。

たった1日かもですが、まずは1日本気で調べてみるだけでも人生変わるんだなと僕は自分でやってみて実感しました。

なのでもし今行動したいけどできなくて悩んでいる人は、とりあえず調べて

・ブログを読む

・動画を聞く

というのを1日だけやってみると

「なんで自分はこんなことで悩んでいたんだろう、、」

と驚くと思います。

なんて感じで今回は

『成功したいけど行動できなかった経験談』

ということで、、

行動できないのは知識がないから!
だからまずは知識を入れてしまおう!

なんて話をさせてもらいました。

PS.

ちなみにもしブログをやるのであれば、今回途中で話した3つのコンテンツという話を含めて、

「ブログをやるためには、この知識が必要だよな」

と僕が今まで経験した中で必要だと思う知識を解説したセミナーを作っています。

メルマガ読者さん限定になっているので、もし興味のある方は下からメルマガ案内ページにいけます。

僕のビジネスの失敗を話しているマンガもあるので、楽しみつつ読んでみてくださいね。

  • Pocket

1動画が僕の収入を250万にした物語

今、僕は月収が7桁を切ることはありません。

そんなこと言っている僕ですが、4年目までは月収100万円を継続して稼ぎ続けるのは、正直僕にとって夢のような話でした。

しかし現実には100万どころか月によっては、200万以上利益が出ることも少なくありません。

僕がなぜたった1年でそこまで変わることができたのか、、

それは1つの動画がきっかけでした…。

その動画との出会いを漫画にしました。

面白いと評判なので、読んでもらえると嬉しいです。

漫画を読む


●最新:記事一覧

トップページ


●カテゴリー別:記事一覧

一覧ページ

コメントを残す

*