ビジネス

【ビジネスと成功】情報の価値はつまらないものほど高かった…

  • Pocket

●こんな人に読んで欲しい

・youtubeやブログで情報収集をしていて、つまらないや怪しいと思って情報収集をやめてしまう方


●こんな記事

・楽なものは自分の成長にはつながらない

・今回の知識を知らないと無駄に遠回りにしてしまうので、それを防ぐためにも知識を入れて欲しい

どうも、としです。

今回は

『情報の価値』

という部分をキーワードにして話をしていきたいと思います。

この内容は僕自身が今までビジネスをやってきた経験から学んだことになります。

同一人物から全く同じ情報を聞いたとしても

ビジネス開始当初:何言ってんのこの人?つまんねぇ情報だな、、

勉強してから:えげつないこと話しているな、、こんな情報を提供していいの?

と変わっていきました。

この知識って知っている人と知らない人では成功までのスピードがガラッと変わります。

僕は知らないでしっかり成果を出すまでに4年以上かかりました。

そのおかげで、こうやって反面教師的に発信できているのでいい部分もありますが、、

やはりしんどかったです。

でも知っている人は本当に数ヶ月、下手したら1ヶ月とかでめきめき実力を上げて成果を出してしまうんです。

なので、

「としのように遠回りしたくない」

という気持ちで知識として入れておいてもらえればと思います。

人間が楽にできること

最初に人間が楽にできることについて話をしていきます。

なんでこんなことを話すのかというと、

今回のタイトルの部分に繋がるのですが、、

『情報の価値はつまらないものほど高い』

というのが僕の考えです。

なんでもそうなのですが一方向の知識ってもったいないんですね。

どういうことかというと、、

つまらないものを知るためには、その逆の楽を知ることでより理解が深まるんですね。

なのでまずは

『人間が楽にできること』

これがどういうものなのかを話していきますね。

結論ですが、、

  • わかりやすい
  • 知っていること

この2つが人間にとって楽にできることになります。

わかりやすいこととは?

たくさんありますが、一番は娯楽かなと思います。

例えばディズニーランドって楽しいですよね。

もちろん人が多くてしんどいと思う人もいるかもですが、楽しいと思う人もたくさんいます。

でっ、なんで楽しいのかといえば、、

『わかりやすい』

ディズニーに行ったらこういったことができる。

こういったことをしてもらえる。

現実と離れて夢の時間を提供してもらえる!

みたいに自分が何を手にできるかがわかりやすいんです。

ディズニーってわかりやすい。

だから行くことに対して、めちゃくちゃ大変って思う人ってそこまでいないと思います。

知っていることとは?

次が知っていることですね。

わかりやすいにもつながりますが、、

例えば、、

かけ算ってやるのしんどいですか?

おそらく日本であれば、かけ算をしんどいと思う人ってあまりいないじゃないですか。

これなんでって『知っているから』です。

小学校でこれでもかってくらい教わります。

だから今知っているかしんどくないんですね。

でも最初ってしんどかったはずなんです。

確か小学2年生くらいの時に習っているはずで、その時ってしんどかったと思うんです。

多分しんどかったはず、、

覚えていないかもですが、きっとしんどかったはずです(笑

だけど今しんどいかって聞かれたら?

2×2は?7×7は?

と聞かれたらリアルタイムで答えられるくらい超楽なことじゃないですか。

これは知っているからこそ楽にできるわけです。

読書にも繋がる話

でっ、これなんですが読書にも繋がる話なんですね。

「本って読みますか?」

僕は昔って全く本を読まなかったです。

いや、読めなかったという方が正しいですね。

簡単な小説とかなら読めるのですが、少し難しい本を読もうとするとすぐに挫折する人間でした。

だけど今はどうなっているかというと、、

めっちゃ読みます。

しんどいかどうかで言えば、しんどいけど難しい本でもめっちゃ読みます。

(なぜこれができるかは後ほど)

まぁ、それはおいといて本にも読みやすい本と読みにくい本があるんですね。

ここまでの知識を使ってもらえば、読みやすい本がどんな本かわかりますよね。

『知っている、わかりやすい本』

わかりやすいは知っているとも繋がるので、まとめてしまえば

『内容を自分ですでに知っている本』

これが読みやすい本になるわけですよね。

読書を挫折しない方法

実は読書を挫折する理由ってこれだったりします。

どういうことかっていうと、、

『知らない内容ばかり書いてある本を頑張って読もうとする』

やっぱり読書って成長したいからするわけですよね。

これが理由で難しい本を選びがちだったりします。

でも挫折しないためには読書する本って

『既知が8割、未知が2割』

この割合の本を読むことが最適だと言われているんです。

逆を言えばそのくらい知っている内容がないと、人間は行動することが大変ということなんです。

成功したいなら未知を追う

成功したいと思うなら、この未知部分を知っていく必要があるわけです。

もちろん、、

「今と全く同じことを続けていけば、自分は成功できる!」

という確信があるなら別です。

でもなかなかそういった状態ってないですよね。

『今の自分ではできないけど、成長したらできるようになるかもしれない!』

こう思うことってすごくいいことだし、僕はまさにその通りだと感じます。

じゃあやっぱり成長するためにも

『未知』の部分を知らないといけないわけです。

未知はつまらない

だけどここで問題は未知のものを学ぶってしんどいし、つまらないんですよ。

楽とは逆の感情ですね。

例えば僕であれば昔アフィリエイトを失敗しました。

1年間やっても34円の成果しか出ませんでした。

これ今ならなんで成果が上がらなかったのかわかります。

『知識不足』なんですよ。

SEOを知っていますか?

PPCを知っていますか?

SNSの活用を知っていますか?

ブログの仕組み知っていますか?

なんてことを知らなかったわけです。

でっ、なんで知らないって、、

そういった知識に触れていなかったわけではないです。

むしろしっかり触れていました。

触れていた上で知らなかったんです。

よく分からないから怪しいとか詐欺とかつまんないとか思って受け入れなかったんですね。

新しいことを知らないと成功しない

そんな状態で成功なんてできるわけないじゃないですか。

今の自分が成功できていないなら新しいことを知っていく必要があるわけです。

だけどそれを自分の感情で拒絶していました。

しんどいんです。

つまらないんです。

だから受け入れられなかったんです。

でもそういうことを受け入れないことには、成長ができないです。

成長ができなければ成果など上がるわけがない、、

それが理由で僕は成果が出るまでにすごく時間がかかりました。

これを当時から知っていればもっと早くから成果が出たよな、、と後悔しています。

受け取る側で価値が変わる

でっ、最後に話したいのが

『どんなにいい情報でも受け取る側で価値が変わる』

僕がいい例でした。

ビジネス当初は「なんだこいつ。つまんねぇ情報…」とか考えていた方がいました。

だけど今では毎日のように、その人から情報を受け取ります。

なんでこういうことができるようになったかというと、、

『知らないことほど大切なこと』っていう知識として持つことができたからなんですね。

だってその方って僕よりも一歩どころか数百歩くらい先に進んでいる人です。

もちろん全部の情報が自分のビジネスに活用できるかどうかは別です。

でも、その知識を入れて無駄になることってないじゃないですか。

分からないことを知る

知ったことで今まで知っていたことと掛け合わせることができるかもしれない。

今まではAという知識しかなかったけど、Bとうい情報を得ることで、Cという最強のアイデアが生まれるかもしれないじゃないですか。

アイデアって湧いて出てくるものじゃないです。

ボーッとしていて出てくるものじゃないです。

アイデアっていうのは自分の知識の中から生み出すものです。

だから自分の知らない情報ってすごく重要なんです。

意識だけでも変わる

僕は知識を入れることがすごく大切ということをうるさいほど言います。

というのも、、

『今回の内容を知っているだけでも成長のスピードが変わりまくります』

そりゃそうですよね。

僕は今でも知らないことってたくさんあります。

最近は金融の勉強を始めたのですが、マジでちんぷんかんぷんです。

本を買ってきて読んでいるのですが超しんどいです。

だけど『しんどいのは知らないから』という知識があるので、ゆっくりですが読み進めることができています。

昔はできなかったことです。

知らないからしんどい、、

だから読みたくない。

これを正当化するために

「この本は自分には違うな」

とか言っていました。

そりゃ成果出るまでに時間がかかるのが当たり前ですよね。

今回のことを意識するだけでどんどん新しいことを得ようとすることができます。

『自分がつまらないものほど価値がある情報』

全てがそうではないかもですが、僕はかなり多いと思います。

なのでもし

「なんかこれつまんねぇな、、」と感じる情報に出会ったら、

「でも、これって自分が知らない情報だからか?」と一度立ち止まって考えてみてくださいね。

という感じで今回は、、

  • 情報の価値
  • つまらないは知らないこと

なんて話をさせてもらいました。

  • Pocket

1動画が僕の収入を250万にした物語

今、僕は月収が7桁を切ることはありません。

そんなこと言っている僕ですが、4年目までは月収100万円を継続して稼ぎ続けるのは、正直僕にとって夢のような話でした。

しかし現実には100万どころか月によっては、200万以上利益が出ることも少なくありません。

僕がなぜたった1年でそこまで変わることができたのか、、

それは1つの動画がきっかけでした…。

その動画との出会いを漫画にしました。

面白いと評判なので、読んでもらえると嬉しいです。

漫画を読む


●最新:記事一覧

トップページ


●カテゴリー別:記事一覧

一覧ページ

コメントを残す

*