プログラミング

プログラミングスキルの必要性は?これからの時代は必須なのか?

  • Pocket

●こんな人に読んで欲しい

・これからの時代はプログラミングだ!という気持ちで始めようと思っている方


●こんな記事

・僕自身の経験を話すことで本当にプログラミングスキルが自分にとって必要なのか?

というのを判断できる知識を入れるための動画

どうも、としです。

今回は、

『プログラミングスキルの必要性』

という部分について話をしていきたいと思います。

僕自身はプログラミングが大好きで自分で使うシステムは自分で作ったりしています。

例えば最近であれば、

楽天で販売している商品の情報を取得する

なんてシステムを作りました。

まぁ、これに関しては使わずに放置されています(笑

組んだものを使うよりもそれを組むまでが楽しいんですよね。

旅行に実際に行っている時よりも、それまでの予定を立てている時が楽しいみたいな感覚です。

(きっとわかってくれるはず)

でっ、最初に質問なのですが、、

「これからの時代にプログラミングスキルって必須だと思いますか?」

確かに僕が感じるのは、これからプログラミングを使った技術が確実に進歩していくと思っています。

だからプログラミング自体は知らないといけないことだと感じています。

だけど、、

  • プログラミングの知識
  • プログラミングスキル

この2つって似ているようでちょっと違うんです。

僕はプログラミングの知識を持つことは必須だと考えます。

だけどプログラミングスキルについては、好きな人が身につければいいと思っています。

でっ、最初はそれ以上に身につけた方がいいものがあります。

今回はそんな話になります。

結構大変です

でっ、なんでこんな話をするのかというと、、

プログラミングスキルを身につけるのって大変なんですよ。

僕自身はもともとパソコンが好きでした。

さらに言えばプログラミングが組める人に憧れていたんです。

それで実際に自分でやってみたんですが、、

まぁ、挫折しました。

本買って読んでみる→わけわかんなくて投げ捨てる

なんてことを繰り返しました。

だけどあるときに

「あっ、これは絶対に作らなければ!」

という一種の義務感的に作るものがあって、しんどいながらも1つのシステムを作り上げたんです。

今ならおそらく1時間もかからないです。

それを数日以上悩みに悩み抜いて作り上げました。

お世辞にも綺麗なコードとは言えないし、動きが速いわけでもない。

だけど開始のボタンを押したときに自分のシステムが動くのを見て

「おぉ!!!!すごい!!」

と感動したのを覚えています。

そうやって自分がやりたいこととそれがどういった部分に繋がるかが明確になっていたので続けることができました。

なのでプログラミングをやること自体は、僕は賛成なのですが、、

大変なので全員が絶対に覚える必要はない

と思っています。

ただただ時代の流れ的にプログラミングを覚えようと思うとマジで挫折します。

でも『プログラミングの知識』は必要という矛盾。

これがどういうことなのかというと、、

プログラミングの知識とは?

プログラミングスキルっていうのは僕の中で

『実際にコードが書けること』

と定義しているんですね。

僕はVBAとPythonという言語を勉強しているのですが、、

例えばPythonで1~10を足した合計を出したいとなれば、、

total = 0
for i in range(1,11):
    total += i
print(total)

なんて感じで書くわけです。

これ意味わからないじゃないですか。

でもこの

『1〜10を順番に足した合計を出力する』

ということがpython(というかプログラミング)でできるんだなというのは分かるわけです。

この、、

どういったことがプログラミングでできるのか?

というのを知るのがプログラミングの知識だと僕は思っています。

これは絶対に必要なんですよ。

共通言語がある強さ

なんで必要かというと、、

例えばですが、

『自分のことを知ってもらうために自社サイトを作りたい』

と考えたときにサイトやブログっていうのは、

HTMLとCSS(PHP、JavaScript)というもので作られているんだなというのを知っていれば、、

自分で実際にコードが組めなくても、人にお願いすることができます。

だけどこういったことを知らないと、仮に誰かにお願いしたとしても、、

まずはそこからの説明から入ったりするので、無駄に時間やお金がかかったりするんですよ。

それで自分の思うようなものが出来あがればまだいいのですが、、

まず思ったようなものが出来上がることはないです。

僕が作ったわけではないですが、、

実際にある企業のHPについて作成からの話を聞いたことがあるのですが、、

  • 作成期間として1ヶ月以上
  • ページ数は5ページ(内容は発注者側)
  • 費用は20万円

なんて感じでした。

悲惨です。

おそらくある程度知識がある人がネット上で作ってくれる人を募集すれば、、

もっと質の高いHPが半値以下

で作成してもらえます。

これは安く買い叩いているわけではなくて、最初があまりにも高いんです。

でもこれって何もわからない人と話をすると余計に時間がかかるのでしょうがないんです。

というのも、

考えて欲しいのですが、、


カレーを作ってもらいたいと思っていても、それが何で作られているのかわからないわけです。

だけど自分としてはお肉や海鮮がたくさん入った具沢山のカレーが食べたいと思っている。

でもそれを伝える術がない。

なんとなく「具がいっぱい入ったカレーが食べたい」くらいしか伝えられないわけです。

でっ、何をどうやって作っていいか受注側もわかりません。

実際に出来上がってきたのは確かに具沢山だけど、野菜がたくさん入っている。

なんてものが出来上がるわけです。


間違ってはいないわけです。

もちろんプログラミングを組む側が徹底的に相手からどういったものが欲しいのかを聞けばいいのですが、、

こういった時間ってすごくもったいないです。

それこそ上のある企業みたいに無駄にお金がかかります。

だけど例えばカレーで言えば、、

  • 自分が求めているのは〇〇がいっぱい
  • その上で具はたくさん入れて欲しい

ということを伝えられればかなり自分の理想に近いものができます。

サイトで言えば

『どの言語で、どういったものを、どのページに表示させて欲しい』

くらいを伝えてあげればかなり理想に近いものができます。

こういったその物事について説明できる

『共通言語』

があるかどうかで仕事の効率ってものすごく変わるんです。

でっ、これのいいところはこうやって伝えてくれれば相手がよりいい案を提示してくれる場合があります。

とういか、、

それが無理だとしても代替案が出てくるわけです。

でも共通言語がない状態だと、

「そもそも何作ればいいのかよくわからない」

みたいな状態なわけです。

自分でプログラミングを書けるようになるには長時間が必要です。

おそらく超根気も必要です。

だけどざっくりとした

どういったことがプログラミングで出来るか

くらいであればそこまで時間をかけずに知ることが出来ます。

でも、、

最初に学ぶのは僕はマーケティングだと断言する

ここまで散々プログラミングについて話をしましたが、、

僕は最初に学ぶのはマーケティングだと考えているんです。

もちろんプログラミングが好きなのであればプログラミングはやるべきです。

だけどマーケティングを学ぶことで、その好きなプログラミングをよりいい方向に使えるようになるんですね。

どういうことかというと、、

マーケティングっていうのは僕の中の定義として

『価値を届ける(広げる)技術』

なんです。

この価値には

  • 人(時間、労働力)
  • モノ
  • 情報

という4つがあってビジネスはこれが交換されることで成り立っています。

バイトで給料がもらえるのは、

自分:時間を提供

相手:対価としてお金を支払う

という形で価値が交換されているからです。

でっ、さっきも話したようにマーケティングはこの価値を届ける技術です。

この届けるには前に

『必要な人に』

というものが入るんですね。

例えば自分がいくらすごいプログラミングを組めるようになったとしても、それを誰も知らなければ何も生まれないです。

ただただ趣味として

「俺はプログラミングさえ組んでいれば幸せなんだ」

という状態であっても生きている限りお金は必要です。

いくら趣味としてやりたいだけと思っても、お金がなければ全ての時間をプログラミングに費やせないです。

じゃあプログラムを組んで価値を生み出して、それを欲しい人に適切に届けられたらどうなりますか?

もしかしたら、、

というか確実にそのプログラムとお金を交換することができます。

これってプログラミングに限らずなんです。

テニスが好きならテニスがうまくなる方法を知りたい人に教える。

ネット上かもしれないし、直接指導かもしれない。

仮にその価値を受け取って明らかに今までよりもテニスがうまくなって、次の大会で今まで敵わなかった人に勝てたらどう思います?

教えてくれた人に超感謝しますよね。

そんなにうまくなるなら月に1万円とか払ってもいいじゃないですか。

というかもっと払ってもいいと思う人がゴロゴロいるわけです。

仮に月間3万円だとしたら10人もいたら30万円です。

『テニスの実力を爆上げするプロトレーナー』

になるわけです。

だけどマーケティングを学んでいないと、ただただテニスが好きな人で終わりです。

お金が全てとは言わないですが、生きていくためにはお金は絶対に必要です。

じゃあそのお金が自分が本当に好きなことと交換できたら楽しくないですか?

マーケティングを学べばそれが出来るわけです。

自分が好きなことは?

なのでまず最初に考えて欲しいのが、、

『自分は何をやりたいのかを明確にする』

ということなんですね。

例えば僕であれば自分のビジネスの中でプログラミングスキルが活用できる。

という理由がありました。

とはいっても、、

実は漠然と始めたときには挫折したんです。

そこから明確にこういったものを作りたいと思ったからこそスキルを身につけることができました。

もし今自分が「〇〇をやりたいからプログラミングスキルを身につけたい!」と思うなら是非学んでください。

その上でマーケは学んでくださいね。

だけど逆に、、

「潰しのきくスキルだからとだけ考えたいたな」

なんていうのであれば先にマーケティングを学んで発信力というのを身につけてもらう方が僕はいいのかなと思います。

さっきのテニスの話ではないですが、自分の好きなことをいいと思ってくれる人に伝える。

それってすごい価値のあることなんですね。

それができると言い過ぎかと思われるですが、どんなことをやっても成果が上がります。

そりゃそうですよね。

『価値を欲しい人に伝えられる』

これができているんですもん。

「プログラミグスキルって絶対に身につけた方がいい」

という意見が多いと思いますが、今回の話を参考に

『自分には本当にスキルが必要か?』

と考えて判断してみてくださいね。

ではでは、今回はプログラミングについての話でした。

PS.

マーケティングが重要と言われても、そもそもなにで学べばいいのという方へ

今まで僕が5年以上発信に携わってきた中で

「これはまずは覚えておいて欲しい」

という知識をまとめたセミナーを配布中しています。

現在無料で受け取ることができますので、興味がある方は下記から確認してくださいね。

絶対に必要な知識をまとめたセミナーの無料案内

  • Pocket

1動画が僕の収入を250万にした物語

今、僕は月収が7桁を切ることはありません。

そんなこと言っている僕ですが、4年目までは月収100万円を継続して稼ぎ続けるのは、正直僕にとって夢のような話でした。

しかし現実には100万どころか月によっては、200万以上利益が出ることも少なくありません。

僕がなぜたった1年でそこまで変わることができたのか、、

それは1つの動画がきっかけでした…。

その動画との出会いを漫画にしました。

面白いと評判なので、読んでもらえると嬉しいです。

漫画を読む


●最新:記事一覧

トップページ


●カテゴリー別:記事一覧

一覧ページ

コメントを残す

*